奇跡の子供をさずかりました

結婚してすぐにでも子供がほしかったのですが、なかなか授からず気付けば2年たっていました。一度病院で診てもらおうと思い、受診したところ、無排卵と診 断されました。たしかに生理周期が長く、二カ月こないときもありました。それからクロミッドを飲んでのタイミング療法がはじまりました。

あっと言う間にま た2年という歳月がたちました。つぎに人工授精を二回しましたが、授からず。まわりが子供ができても素直に喜べず。ちょうど芸能人が妊娠出産ラッシュだっ たので、テレビをつけるのも嫌になり、芸能人のブログをいつも楽しみにみていたのに、それも見られなくなってしまいました。

妊娠準備の為のサイト

それから思い切って体外受精を してみることにしました。これが最後の手段だと思っていたし、金額も高いのですごく緊張しました。そしたらなんと一回目で授かることができました。今まで なんで授からなかったのか不思議でなりません。どんな検査をしても無排卵意外何も見つからなかったためでもあります。

妊娠検査薬の陽性反応をみたときには もう涙が止まりませんでした。待望の子供は現在一歳九カ月になります。毎日生まれてきてくれてありがとうと思うし、愛おしくてしかたがありません。

続きを読む

妊活を始めるには?妊娠しやすい食材は?

≪妊活で大切な事≫
・基礎体温をはかる
排卵周期を知る事で妊娠しやすい時期を把握できます。
・体を冷やさない
冷えは血行が悪くなり、子宮の機能が下がってしまいます。
・適度な運動
血行が良くなるので冷えを改善でき、ストレス発散もできます。
・睡眠
睡眠不足は体調不良になり、体内の機能が下がってしまいます。
良質な睡眠をとるように心掛けましょう。
・ストレス発散
ストレスは心身共に不調にします。
子供が出来なくても焦らず、ストレスを溜めないようにしましょう。
・定期健診
定期的に健診に行く事で不調を早く見つけることができます。
・食事の改善
バランス良く食べて健康な体を作ることが大切です。

今回は『妊娠しやすい食材』をまとめてみました。
≪体を温める食事≫
体が冷えると血行が悪くなり、女性ホルモンの一種『黄体ホルモン』が分泌されにくくなります。
また、血行が悪いと子宮や卵巣に十分な栄養素が行き渡らず、卵子も育ちにくくなるので体を温める食事が大切です。
・ネギ、生姜、青じそ…血行を良くし、老廃物を流してくれます。
・にんじん、トマト、サバ、サケ、木の実など…血液を作り血行を良くしてくれます。
・かぼちゃ、ごぼう、レンコン、りんご、ぶどう、タコ、イカなど…寒い地域で栽培された物は体を温めてくれます。

≪十分な葉酸を摂取≫
葉酸は赤ちゃんの細胞が分裂するのに大切な栄養素です。
水に流れやすい栄養素なのでサプリメントを上手に使うのもオススメです。
〈葉酸の多い食材〉
・野菜…枝豆・ほうれん草・ブロッコリー・かぼちゃ・春菊・アスパラガス・にんにくの芽・芽キャベツなど
・果物…いちご・みかん・バナナ・キウイ・アボカドなど
・きのこ…エリンギ・マイタケ・えのき
・その他…納豆や焼きのり、レバー(鶏・牛・豚)など
しかし、レバーにはビタミンAが大量に含まれているため、胎児に奇形を起こすリスクが高いと言われています。
妊娠後の摂取は控えた方が良いでしょう。

続きを読む

旦那が包茎の手術を決意! すると自然と子供を授かることができました。

付き合っていた頃も、結婚してからもあまり気にしていなかったのですが、旦那があまり性行為が好きではなかったんです。
年に数回だった営みも全く無くなってしまって、お互い仕事に遊びにと忙しい年齢だったこともあり、いつしか全くそういう行為をしなくなっていました。
ですが、自分が30代の半ばに差し掛かった頃、子供を産むのであればそろそろ考えなくては……と真剣に思い、旦那と思い切って話し合うことにしました。
すると彼は言い辛そうに、実は性行為が好きじゃないのは、自分のペニスに問題があるからだ……ということを教えてくれました。
何でも、勃起すると痛くなってしまったり、挿入していると痛くなってしまったりと、性行為イコールキモチイイことではなく、痛いことになっているそうです。
つまり、重度の包茎ということらしく。
実は、私も旦那以外の男性とお付き合いしたことが無かったので、そうとは知らなかったのでした。
話し合いの末、やはり子供は一人と言わず二人か三人は欲しいし、そのためには頑張らなくちゃ! ということになり、彼も手術を決意してくれました。
自分の大切なところにメスを入れる、ということで、彼も不安そうでしたが、手術が終わってみるとすっきり快適で、性行為も楽しめるようになったと喜んでいました。
すると、自然と子供を授かり、今は二人目を妊娠しています。
勇気を出して話し合って手術をしてもらって、とても良かったと思っています。

続きを読む

私が行ったできる限りの妊活生活

私は結婚して3年目の頃、そろそろ子供が欲しいなと思っていましたが中々子宝に恵まれませんでした。
友人たちの中でもすぐに子宝に恵まれた人や、中々恵まれない人様々な人がいましたが、
友人の一人から、子供が欲しいなら自分でも少し改善できることがあるよという話を聞いたので実施するようにしました。
まず葉酸サプリの摂取です。
妊娠してからもすぐに必要不可欠になる栄養素なので、早めに摂取することをすすめられ、市販の葉酸サプリを飲むようにしました。
次に基礎体温の測定です。
基礎体温用の体温計を購入し、毎日基礎体温を測りました。
測った基礎体温は勿論記録し、更に記録欄に、自分の体調を備考欄として記入していました。
基礎体温に付随して、体重管理も始めました。
急激に大幅な増減がないかどうかチェックする程度ですが、全くチェックをしないと後で検証したい時に困るのでつけるようにしていました。
次に生活習慣と食生活の改善です。
朝と夜はなるべく決まった時間に起きること、寝ることを心がけました。
朝起きたときはなるべく太陽の光を浴びるようにしました。
睡眠をしっかりとった上で、日々のストレスを溜めないように心がけ、ストレスを感じたときには必ずリフレッシュする機会をもうけました。
食事においては、規則正しい時間と栄養素の食事をすることはもちろんですが、
血糖コントロールができていないと子供が出来にくいということを聞いたので、
なるべく血糖がコントロールできるように、一日の食事を数回に分けて摂取したり、常に空腹状態を作らないように工夫しました。
また甘いものを摂取する際は必ず食後に摂取することを気をつけ血糖値の急激な増加がないように意識しました。
私の場合、生活習慣を見直すことで不順だった生理が改善することができました。

続きを読む